ブレスレットには欠かせない!平結びを覚えよう♪

手作りあれこれ

マクラメ編みやヘンプ編みのアクセサリーを作る際には
色々な編み方がありますね。

その中でも、初めての方にもおすすめなのが
平結びのブレスレットです。


ひと結び(くるっと輪っかにして結ぶだけです)と、
平結びさえできれば
シンプルなブレスレットならすぐに出来ちゃいますよ♪

今回はその基本的な結び方(編み方)についてご紹介したいと思います。
次に編むのは左右どっちだったかな?と
迷った時の対処法などについても書いていますので、
平結びが初めてという方にとって、参考になると嬉しいです。
(*^^*)



ブレスレットで使われる平結び

こちらのブレスレットは、ひと結びが2回あるだけで、
それ以外は全部平結びのみで出来ています。


違う編み方で作ったブレスレットでも、
サイズ調節の部分には平結びを留め具として使うことが多いです。


ブレスレットを作るなら避けては通れないと言っても過言ではない「平結び」。
ぜひ基本を覚えてたくさん作ってみてくださいね♪



平結びの結び方

説明図を書いてみました♪

圧縮された表示のため見にくいかもしれません。
画像をクリックかタップすると大きいサイズで見られます。
(*^^*)

上図では左右1セットまで書いてありますが、
ブレスレットを編む時は、これを必要な長さ分まで繰り返せばOKです♪

「次は右?左…?」どちらから編むか分からなくなったら

始めて編む時は特に、
自分がどこまで編んだのかわからなくなりがちですよね。
(;・∀・)

そんな時、
ここを見れば一発で分かります♪



なので、
編む時はここを意識すれば
迷わずすんなり進められますよ♪

同じく、見えにくい場合は
画像をクリックかタップしていただくと大きく表示されます。

ひと結びの結び方

編み終わりの部分などに使われることも多い「ひと結び」です。
説明を載せるほどではないかもしれませんが。。。
(;^_^A

要は、くるっと輪っかにした中にひもを通すだけです。
輪にする向きは、あまりこだわらずに巻きやすい方向でいいですよ♪
(*^^*)



次回では、
ひと結びと平結びだけで出来ちゃう
シンプルなブレスレットの作り方をご紹介したいと思います♪

短いですが、今回はここまでということに。
(*^^*)
ぜひまた見に来ていただけると嬉しいです。



少しでもお役に立てる部分があれば幸いです。

ではまた♪
(^^)/

タイトルとURLをコピーしました